こんにちは小西です。
今回は私がバックパッカーをしていた時、モロッコで死にかけて遺書を書いた話を漫画にしてみました。
大変申し訳ないことに数話の続き物です!少しだけお付き合いください。
manga171
manga172
つづく!
さぁここから遺書へのカウントダウンです。
中国で病気になった話→( 中国で病気になった思い出の話 )

生まれてこのかたマジで体が頑丈で中耳炎とインフルエンザくらいしか病気はしたことが無く、加えて病院嫌いという昭和のガンコ親父に匹敵する身体を持つ私。歯医者と眼科を除き20代の頃は病院には10年で2回くらいしか行ってません。マジで。ニンニク食って寝て治してた。
体が具合が悪くても、基本舐めてかかることがほとんどなので、この後悲劇に見舞われます。


スペインのお遍路とは・・・
スペインにはキリスト教版のカミーノサンティアゴとかいうお遍路がありまして、仏教徒も余裕出歩けるということで私もやって800キロほど歩いてみました。
ただ一か月ほどかかります。
バックパッカーと自称してはいますがつまるところは、移動系のニート
時間がありつつ金は無い・・・暇だったのです。
フランスの、サン・ジャン・ピエド・ポーという小さな町から、スペイン西部のサンティアゴという聖地まで歩く巡礼旅です。色々なルートがあるのですが私はこの一番有名なサンジャンからのルートを選びました。
このお遍路ね、ちゃんと巡礼者として歩いていれば巡礼宿を一泊5ユーロとかで泊まれちゃうんですね。ヨーロッパを一泊5ユーロ!?と貧乏人の飛びついてしまいましたね。歩けばいいんだろぉ!?
と余裕ぶっこいてましたが一日25キロ前後歩くんですよ。
ニートは初めて数日はパンツが履けないほどの筋肉痛でしたね。

スペインの巡礼は私の人生でもトップクラスで最高の旅になりましたが、あまりにもツラく泣きじゃくりながら歩いていたこともあり、決しておすすめはしません。
でも私がニートを脱出できたのもスペイン巡礼のおかげなきがします。
暇だったのもありますが、
「この巡礼で800キロ歩ききるよりも、日本でやり直すことのほうが簡単なはずだ。
サンティアゴまで歩ききれたら人生を日本でやり直せる」
と思ったからです。
そしてやり直して、今現在東京でぬくぬくと貧しくも幸せに生きています。

ニートはスペインか四国へ行け!!!!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村