モロッコ旅行中で死にそうになって遺書を書いた話です。
前のお話→(1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話  9話  10話 11話)

スゥ・・・・・・からの・・・?
manga185
睡眠取れたーーーー!!!

咳で睡眠が取れなかった私ですが、この日数日ぶりに何故かしっかりとした睡眠が取れ、あまりの気分の爽快さにその後「あえてむちゃくちゃ寝不足状態を作ってから寝る」という愚行を繰り返したほどです。まるまる2日まったく寝ずに過ごして空港でぶっ倒れたり、これをきっかけに馬鹿が加速しました。
北アフリカでスーパークレイジー・・・!
まだ咳も熱も残っていましたが、それでも今までの死にそうな体調からは考えられないくらいの回復をしていました。
睡眠不足からの鬱気味だった精神の異常状態抜け出し、宿の主人にノリノリで「めっちゃ寝れたわ!」と話し、「死ぬかと思って実は遺書書いててさぁ!」と宿の亭主にしたら事故物件未遂。亭主からしたらいますぐ出て行けと言いたくなるレベルの事を明るく話していました。

それにしても、遺書を書いて送った瞬間に峠を越えるなや。
死にそうになる寸前から凄まじいほどの回復を見せた私ですが、学んだのは
とにかく寝ろ!!!!
これに尽きます・・・。
もう少し続きます。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村