こんにちは小西です!
バックパッカー初心者の頃の私はカンボジアで誕生日を迎えクルージングへ向かうが・・・?
manga330
子どもがこんな目をしていいわけがねえ!!!

小2~3くらいの子どもだと思うんですけど、船の上で無表情で黙々と働いていました。
子どもってのは、子どもってのはもっとケラケラ笑って走り回ってお金を大人にせびって駄菓子屋だなんだで科学的な味のする不味い菓子食って公園でゲームしてるもんなんじゃないのぉ!?
と日本という温室でぬくぬく生まれ育った私は悲しい目をして労働する子供に少なからずショックを受けたのであります。
肩叩きしてもらっていた韓国人の奥さんはチップを渡していて、どうかそのチップでその子が好きなものを買えますように。と、船上皆願ったのでした。
次の話
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村