こんにちは小西です!
元バックパッカーで現在東京ひとり暮らしをいていて、過去の旅の事や日常をマンガにしています!

の後の話です。
私が使用したこの東京のキャンプ場は倉庫街にあるので、住民はあまりおらず夜はまったく人がいなくなるのです。平日なので私以外のキャンパーもほんの数人。
私ひとりが外でうろうろしている・・・!
manga514
manga515
東京はこわいとこだぞ

あとは物音立てないようにテントへ帰りました。

あのネコオジサンが来るのではないか?ネコを引き連れ私のテントを襲撃してくるのではないか?
Gも侵入してくるのではないか?そんな恐怖の中寝袋にくるまっていました。

あのオジサンはなんだったのか。
ネコはまるでオジサンもネコの仲間の一匹であるように受け入れ、その場でくつろいでいました。
おそらく妖怪の一種だと思われます。
あなたも東京でキャンプしたら、あの妖怪に出会えるかもしれません・・・!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村